2009年05月28日

即興演奏について 簡単な和声で練習する4

サボる方法というと変な言い方ですが、いかにサボっていいのを弾けるようにするかというのが即興演奏の上達の道と思いますので、どんどんサボるテクニックを練習しています(???)。


サボる方法2 同音連打とアルペッジオ

同音連打は文字通り同じ音を続けて弾くだけですので、あまり詳しくは書きません。次の展開を考える余裕ができますので、とても重宝します。テンポの速いワルツでタンタカタン、タカタカタン〜などと弾くととてもいい感じになります。思った以上に演奏効果が高いので、ここ一番というときによく使っています。

サボる方法として一番使いやすいのがアルペッジオです。アルペッジオはとてもピアニスティックな奏法で聞こえもいいですし、華やかになります。それに、ピアノの基礎の段階でいやというほど弾かされることが多いので、それほど苦にはならないのではないかと思います。

ただ、こういうのを即興で弾くときに、どうしても次のように弾いてしまうという人もいらっしゃるかもしれません。

譜面12アルペッジオ

これはどういうことかといいますと、和音が変わったとき右手が全部和音のRoot(根音)からはじまってしまうということです。アルペッジオに限ったことではありませんが、どうしてこうなってしまうかというと、左手につられてしまうのです。頭の中で「As(ラ♭)」「Es(ミ♭)」と意識してしまうので、右手もついつい同じ音をオクターブで重ねてしまうのです。

別にオクターブで重ねるのが悪いわけではありませんが、これをやってしまう人はほとんど全部がそうなってしまう傾向があるようです。それでは音楽的に全然おもしろくありませんので、このような癖が身についてしまっている場合は無理にでも矯正する訓練をした方がよいと思います。

たとえば下図のように、すべて和音の3rd(第三音)からはじまるように弾く練習をします。とてもゆっくりからはじめていけば、次第に意識しなくてもつられないようになってくると思います。逆に、そのうち無意識に右手がRootを避けるようになってしまうかもしれません。でもそれくらいでちょうどよいと思います。

譜面13アルペッジオ

あるいは右手はRootではじめるけれど、左手は第一転回形で和音を弾いてみる、などの練習もよいと思います。こういう練習は、僕は常にやっている練習です。


普通のアルペッジオに慣れてきたら、上行だけでなく下行で弾いたり、開離配置で弾いたり、トリルをまじえたり、おもしろいと思ったものになんでもチャレンジしていきます。下の譜例は僕が練習のときについ弾いてしまう手癖のフレーズです。

譜面14アルペッジオ

これはアルペッジオに経過音をまじえています。赤枠で囲ってある音型がそうです。


ちなみにこの譜例のような即興で一番難しいのは、実は一番最後の音(四小節目の三拍目)です。普通に用意された譜面を弾く場合のことではなく、即興演奏で音楽を作りながら弾く場合のことです。

この四小節のなかで、はじめの三小節は小節の一拍目に和音が変わります。最後の四小節目は、小節の一拍目と三拍目に和音が変わり、終止します。この三拍目に終止する、というのが思いのほか難しく、詰まってしまいがちになります。これはとにかく似たようなパターンを何度も練習して慣れるしかないのですが、僕はこれが大変で、速いテンポでも詰まらなくなるまでとても苦労しました。


次回はサボる方法についてもうひとつだけ紹介します。これまでで最も大変ですが、僕が一番大好きな「倚音」です。

リンク→「即興演奏について」の以前の投稿
posted by いのじゅん at 23:25 | TrackBack(0) | 即興理論

2009年05月18日

ホタル

前回はライブに出られなくてホントにごめんなさい。
でも体調はだいぶよくなってきました。

またホタルの季節になりました。
さっきちょっと見て回ったら、毎年一番飛ぶところはすでに30〜40ほどいました。そこは先週すでに20くらい飛んでいました。その他の場所はまだ静まりかえっています。

でも今年はもしかしたらだいぶ少なくなるかも知れません。

なんだか川の水が濁っているんですよ。においもします。ここ1ヶ月ほど。どうしたのでしょう。
タグ:守山蛍
posted by いのじゅん at 21:09 | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。