2013年05月18日

なんというか、YAMAHAのあれですけど

あの例のグレードの即興課題なんですけど、前からなんか引っ掛かっていた違和感というか、そういう晴れない感じの正体がなんとなく分かりました。

あれは才能を育てるシステムではなくて、仮に才能があったとしてもその芽を潰してしまうシステム、ということですよ。即興っていってるけど、全然創造的なものではないし、だいたいパターンを訓練すればできるようになるし、要領とかコツとかを覚えるだけのモンですから。

例えるなら、勉強のできる秀才はあの試験で作れますけど、相対性理論(バンドじゃないよ)を打ち立てるような天才は育てられない。あの試験が音楽界にとって何の意義があるのか、正直よく分からない。就職に役に立つ?…役に立つのはYAMAHAの講師に就職する人くらいじゃないかなあ。

と、まあ、つまらないこと考え始めたらキリがないんですけど、でも需要があるならそういう思いも割り切って、教材作ってみたいな、と思います。頑張ろう。

------------------------------------------------

ところで話は変わりますけど、僕らみたいに音楽人でない人に音楽を教える事の難しさというものをひしひしと感じる近頃です。><

音楽をちょっとでもかじっている人なら、「ここ、ちょっと歌のメロディー変えますね」なんてことがあっても、すぐに対応できるのですが、いわゆる一般人にはこれが相当難しいらしいのです。何度やっても直らない。やっと直ったと思っても、次の週になったらまた忘れているという・・・。つまり、音楽の先生は大変だということですよ。だからボイトレのレッスン料はあんなに高いんだ、きっと。

posted by いのじゅん at 22:12 | 即興理論
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。