2013年11月29日

満点の星空に

手が届きそうな気分♪

…という歌があるのを思い出しました。みんな知らない曲です。
今日はそんな夜空でした。あと、めちゃ寒い!


「上を向いて歩こう」という有名な曲があります。
あれをポジティブ・ソングと勘違いしている人がいるとか。そんなはずはない!!

“涙がこぼれてしまうから”こらえるために上を向いているんですよ。心境としては、最後まで辛くてさびしい気持ちのまんまです。でもなんかね、「悲しいときこそ、うつむかずに上を向いて歩こうじゃないか!」という励ましの歌、みたいな前向きな解釈している人がいる。いや、違うって。

「幸せは 雲の上に」「幸せは 空の上に」

っていうのは、涙をこらえて上ばかり見ているから、楽しかった思い出や幸せな思い出(あるいは幸せなはずだった未来の結果)がどうしても空の上らへんに描き出されて、消えていくんですよ。それで余計悲しくなるという。

それと、歌っているのは、今日みたいな寒い冬の気候の夜だと思います。「思い出す春の日」「夏の日」「秋の日」と出てきて、冬だけでてこないもん。

なんでそんなことが言い切れるのかって?今日は、それがまさに身に染みて実感できたからです!!!こんな日もありますよ。

posted by いのじゅん at 04:41 | 日記

2013年11月19日

悪い事は立て続けに起こるって

よく言いますけど、まさにそれですよ。

ストレスは溜めたらダメだと分かっています、分かっているのですが、たいてい症状が出てから

「ああ、ストレスが溜まっていたんだ」

と気付くのです。これがダメなんですね!


辛いこと、嫌なことはさっさと忘れるのが一番ですよ。さっさと忘れます。まあ、くよくよすることで浪費した時間がすごくもったいないです!


最近僕の中で流行っているのが、量子力学です。物理学はさっぱりですが、なんとなく書いてあることを読むだけでも楽しいです。僕は以前自分が体験したある出来事について調べていくうちに、量子力学にたどり着きました。おもしろいですよ〜量子力学は。「量子力学にたどりつくような体験って、いったいどんな出来事なんだ」って突っ込まれそうですけど。


全然脈絡がないのですが、ウチの庭に植えているおかしなもろもろです。
DSC00789.JPG

なかなか綺麗に咲いていますが、
DSC00791.JPG

隙間5cmの溝から伸びています!こんなところに植えようという発想がどうかと思いますが、地植えのパワーはやっぱりすごいです。

このバジルは鉢植えですが、この角度はどう考えてもおかしい。
basil1.jpg

見た目汚いのは、今年二度来た台風の仕業です。スミマセン。いや、それよりなぜ鉢が倒れないのでしょうか。全然手入れもせず、水やりもろくにせず、放置気味だったので一時期枯れかけていたのですが。なんだこれは、と思ってよく見ると
basil2.jpg

鉢の下から地面の中まで根っこが伸びているようです。というわけでいつの間にかこれも地植えになっていたのでした。自然の生命力はやっぱりすごいです。

ガーデニングのコツは、放任主義ではないでしょうか。植物も過保護だとひ弱になるようです。
posted by いのじゅん at 01:03 | 日記

2013年11月03日

クライアントの無茶な要求あるある

みたいな話を読んでたら、おもしろかったです!

でもお客さんにしたら悪気は無いのだろうし、何がたやすくて何が無茶なのか分からないでしょうから、ある程度は仕方ないですよね!

まあそんなことはまだいいのですが、もっと困るのは金銭的な問題が絡んだときです。特に音楽制作の仕事って、何に対して何の料金が発生するのか、イマイチあいまいなところがあるから・・・。細かく料金設定していらっしゃる制作会社もありますけど。

まあ僕はいちいちそんなのやってられないし、仕事のサイトにも書いているように「人付き合いを重視します」というスタンスでやっているので、基本的には口約束で話しが進むわけですよ。契約書はまたいずれ・・・仕事が進んでから・・・みたいな感じで。

で、仕事が完遂する前に、クライアントが投げちゃたら(トンズラとか、もうやんぺとか、そんな話したっけ、とか)、ちょっとまってよ、ここまでの対価はどうなるの?ということになります。この仕事はこういう危険が非常に多い!曲書いて納品して終わり、っていう単純な案件は、そういう意味ですごく楽です!

だからこちらは仕事を受ける側にも関わらず、顧客の信用を身辺調査してイエス/ノーを判断しなきゃいけないという。難しいことです。それをこの1、2年で勉強しましたよ。僕はまだまだ青いと思います。

昔から音楽家が食っていけないのは、芸術家の才能と商売の才能の両方を持っている人なんて滅多にいないからですよ!基本的に芸術家は、持ち上げられるけど、利用される側です。商売下手やもん。芸術家には破滅思考のある人が多いっていうのもあります。

でも音楽で商売するぞって決めた以上、金銭的なことはきっちりしないとね。

半沢直樹じゃないけど、貸し倒れの回収みたいなこともしないといけないのかと思うと憂鬱ですが、倍返しなんていう訳にはいきませんが、せめて半分くらい返せよ、ということで明日はちょっと怖そうな格好して行ってきます><;頑張ってきます><;
posted by いのじゅん at 02:09 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。